fc2ブログ

バンコク生活何とかなるかな?

初めての海外生活。日本でもおひとり様経験0の人間が、言葉も通じないバンコクで、日々奮闘?する様子をダラダラ書き綴る予定です。

Entries

ラッフルズ・グランドホテル・ドゥ・アンコール

バンコクから空路で約1時間、隣国カンボジアのシェムリアップに行ってきました。


combozia 010

正直、このプロペラ機を見た時は「本気?!」という感じで怖かったが
片道約1時間にも関わらず往復路共に、軽食(パンやサンドウィッチ+フルーツ)が出たりして
勝手に見下していただけだったが、見直した。

ホテルは、ラッフルズホテルに泊まった。
この系列は北京のラッフルズ以来だったが、新しくて綺麗な北京のラッフルズと、1932年に創業されたものを内戦後に改めてオープンしたというカンボジアラッフルズとは長短所共にいくつもの違いを感じた。

Raffles Grand Hotel D'Angkor ラッフルズ・グランドホテル・ドゥ・アンコール

住所 NO.1,Vithei Charles de Gaulle,Khum Svay Dangkum
電話 963-888
HP

combozia 089

ホテルロビー。到着すぐにミックスフルーツジュースが出てきたが、昼食後でお腹がガボガボで
ちょろっとしか飲めず心から申し訳なかった。マンゴーとミントの味が効いていた。

combozia 088

時間が無くて全く利用できなかったプール。
プール脇にスパ、サウナ等有。
欧米人が気持ちよさそうに利用していて、羨ましかった。

combozia 087

エレベーター。
こんな所が雰囲気があって歴史を感じる事が出来る。エレベーターボーイというのか、ずっと中で待機していて
大変そうだった。

combozia 086

廊下の様子。

combozia 079

部屋の様子。
最初に通された時に「あれ?」という声をあげなかった自分を褒めたい。
ベッドが乱れているのは、疲れてダイブした為です、すみません。

combozia 080combozia 081

歴史?を感じるブラウン管テレビ。
そしてバスルーム。

combozia 082

ホテルの向かいには公園と、王様の別荘地が見えた。


ホテルの良い所
・とにかくスタッフのプライドは高く仕事がきちんとしている。
(朝食で隣のフランス人の子供が誕生日だったようでホテルからプレゼントが用意されていた。
品物は少し気味の悪い操り人形で、子供の顔は引き攣っていたが…でも素敵な演出だと温かい気持ちになった)

・雰囲気があり重厚で素敵なエリアが満載。歴史を感じる。
・朝食が美味しい。出来ればコーヒーじゃなくカフェラテ等の注文がお薦め。

残念に感じた所
・古いので廊下の音、周りの音がやたらと響いてとにかく凄く煩い。
・シャワーなど水の出が悪い(他のカンボジアホテルが同じかどうかは泊まった事ないので不明)
・歯ブラシ等アメニティは自分で準備が安心

ホテルのランクは歴史があるという事に重きが置かれる。つまりカンボジアがフランス領だったという事をつくづく思い出された。

新しくて綺麗、静かなホテルを好む人は、違うホテルがお薦め。
調度品等は全て古い、部屋も決して綺麗ではないが、ホテルの歴史的雰囲気を感じたい人にはこちらは最高のホテル。

足音、ドアの開け閉めなど隣室のみならず本当に煩かったので、「疲れてるのに~」とちょっとイライラしながら夜中に何度も目が覚めてしまった点は非常に残念だったが、こういうホテルは長期滞在しなければ醍醐味を味わえないなぁと、もったいない気持ちになった。

↓ランキングに参加しています。宜しければクリックしてください。



スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

村上龍の小説にそんなんありましたなぁ(笑)
ラッフルズて元々シンガポール違いましたっけ( ̄▽ ̄;)?
「シンガポール・スリング」が生まれたホテルやそうですけど。
  • posted by 『越後屋。』 
  • URL 
  • 2011.08/17 09:46分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

シンガポールのシンガポールスリング発祥のバーは行ったことあります。店内の床全部にピーナッツの殻が散乱していて、何か凄いなぁとびっくりしました。シンガポールのラッフルズは白い制服来た人がドアマンですらりと立っていて、祝は従者以外は中に見学すら入らせてもらえず(昔は入れたそうです)何だよ~と思ってがっかりしました。
  • posted by よねざくら 
  • URL 
  • 2011.08/23 21:58分 
  • [Edit]

 

ピーナッツの殻て(; ̄O ̄)…
イメージくるうなぁ~(>_<)
  • posted by 『越後屋。』 
  • URL 
  • 2011.08/24 05:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

よねざくら

Author:よねざくら
バンコクの良い所を紹介しているうちに、バンコクを好きに自分も
なっていきたいなと思ってます。
いつか、このブログでバンコクのレストラン等の参考にしてもら
えたら…と願っています(道のりは遠い…)

最新記事

FC2カウンター

TOEICボキャブラリー4択ドリル

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR